プロテインでの失敗

世の中には色々なサプリメントがありますが、実際にちゃんと効いているのかが分からないままサプリメントを飲み続けているといった方は多いと思います。私もその一人でした。

私は現在32歳です。10代の頃から野球をやっていたのですが、体が細くどうしても筋力が足りず、バッティングの飛距離が伸びませんでした。なのでどうにかして筋力アップをしてバッティングを向上させたいという思いでザバスのプロテインを購入しました。

プロテインというのは直訳すると「タンパク質」です。なので筋トレをした後にプロテインを摂取すると効率よく筋肉を大きくできるといったサプリメントになります。

私はプロテインを買ったその日に水にプロテインの粉を溶かし、毎日飲むことにしました。

実際に効果があるのかはその時点でも分からなかったので、指定されてる量よりもはるかに多く摂取していました。しかしそれが落とし穴でした。

プロテインは1日2~3杯と指定されていたのにも関わらず、私は1日7~8杯も摂取していました。そうなると普段から食欲がわかなくなり、朝昼晩の食事が適当になってしまっていたのです。

実際に体調も悪くなり、プロテインを摂取してから半年もたてば体重は5kgも減っていました。自分でも目を疑いましたが筋力アップのために摂取していたのに更にガリガリの貧相な体形になっていたのです。

自分ではなぜこんなにプロテインを飲んで筋トレも頑張っていたのにガリガリに痩せこけてしまったんだと不思議に思ったのですが、すぐに原因が判明しました。

それはプロテインを大量摂取することにより、普段の食事が疎かになった結果、1日の総摂取カロリーが基準値を大きく下回ってしまっていたのです。

先ほども書きましたがプロテインは直訳するとタンパク質です。言ってしまえばプロテインは脂質の少ないお肉を粉末状にしたようなものです。

普段の食事では肉と一緒に野菜やご飯も食べるのでカロリー不足になるという事は少ないはずですが、プロテインを大量に飲んだ結果タンパク質は補給できても脂質や炭水化物を摂取していなかったのでカロリー不足に陥り、体調不良や筋力の低下を招いてしまいました。

サプリメント自体は決して悪いモノではないと思います。上手く使えば身体機能の向上も可能だと思います。

ですが、それは普段の食事をしっかりと摂取している前提です。サプリメントだけを過剰に摂取してもプラスにならないどころかマイナスになるという事を学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です